DX推進の取り組み


企業経営の方向性および情報処理技術の活用の方向性


1. 経営ビジョン

労働人口の減少に伴い、建設業界でも近年ICT導入などの取組が行われています。しかしながら現状においては、施工以外の業務に関しては業界全体としてまだまだDXは進んでいない現状があります。
より持続的な組織を目指すためには、直接的な現場業務以外の部分(補助業務・総務・社内コミュニケーション等)についても生産性を向上していく必要があると、私たちは考えています。

労働人口の減少に伴い、建設業界でも近年ICT導入などの取組が行われています。しかしながら現状においては、施工以外の業務に関しては業界全体としてまだまだDXは進んでいない現状があります。
より持続的な組織を目指すためには、直接的な現場業務以外の部分(補助業務・総務・社内コミュニケーション等)についても生産性を向上していく必要があると、私たちは考えています。

2. 経営戦略の方向性

当社では、施工以外の業務におけるDXの第一歩として、社内でのデータ管理・活用の強化を実施してまいります。社内のスムーズな情報共有・管理を実現することにより、データの紛失やバージョン差異などをなくし、コア業務に集中して生産性向上に取り組める組織を目指しています。

また、取引先・お客様に対しては、現在紙ベースでご提供している各種資料をデジタル化することにより、各種設計データや帳票等を必要な時に・必要な場所で提供できるようにいたします。これにより、取引先・お客様との間での生産性向上を実現していきます。

企業経営および情報処理技術の活用の具体的な方策


1. 具体的戦略

データ活用の第一歩として、当社ではGoogle Workspaceの導入・活用を推進しています。

  • アカウント管理性の向上による、社内セキュリティの強固化
  • メールセキュリティの向上
  • データ紛失のリスク削減ならびに、最新データの保管場所の一元化・共有機能による生産性向上

2. 戦略を効果的に進めるための体制

経営陣およびDX推進チームを主体として、各部署への連携を行いながら全社的な活用を実現できるよう取り組んでまいります。

私たちはDXは、「会社全体で改善に取り組むものである」と考えており、各種方策に関してはDX推進チームが主導し進めてまいります。
DX推進チームを主体として全従業員でこの取り組みを実行とすることにより、自発的にDXへの取り組みを進め、データ活用に関するノウハウを全社的に浸透できるようにしていきたいと考えています。

3. 環境整備に関する具体的方策

  • GoogleWorkspaceの利用方法の全社共有
    DX推進チームが主体となり、活用方法に関する定期発信を実施し、社内でのGoogleWorkspace普及を推進する。
  • 社内でのサポート窓口の構築と運用
    DX推進チームが社内の不明点等サポートを行い、全社的な理解度アップ・ガイドラインの遵守に努める。
  • 社内実施サーベイの実施
    3年後ビジョンに向けた取り組み内容の実施状況や改善点などを、DX推進チームが社内サーベイにて収集する。
  • 継続的なPDCAサイクルの構築
    収集した意見を経営陣とのMTGにて共有し、次の方針決定に利用する。

現在紙ベースの帳票・資料類をデジタル化することにより、データの一元化・世代ズレの防止を実現できる他、社内や取引先間との情報共有速度の改善につなげることができ、施工以外の業務における生産性向上につながると考えています。

戦略の達成状況にかかる指標

  • GoogleWorkspaceの利用方法の全社共有
    2024年3月に実施
  • 社内サーベイによるDX実施達成度全社員平均
    2024年度内サーベイにて、5段階評価中3以上を達成

丸浜舗道株式会社

代表取締役 小林 育也