古屋の一日

プラントにて舗装の要であるアスファルトを生成している古屋さんにお話しを聞いてみました。

普段どんな仕事をしていますか?

丸浜興業アスファルト合材プラントで、ブルドーザーやユンボウのオペレーター、プラント機械のメンテナンス、トラブル発生時の対処等を主として仕事をしています。

今までで一番嬉しかったことは?

機械の一部がトラブルを起こして動かなくなっても、何が何でも出荷できる方法を皆で考えて結果を出すことができたときやお客様の顔が見れたときです。

普段気をつけていることは?

できるだけ機械がトラブルを起こしてしまわないよう、メンテナンスを常日頃しっかりと行い、お客様に迷惑がかからないよう気をつけています。

これから入ってくる人たちに一言

人生の大半を会社で過ごす事になります。ですから、入社する前にそこの会社の情報などをよく知り、自分に合っているかを今のうちから調べたりしといた方がいいと思います。